グランドキャニオン モニュメントバレーに宿泊

lrg_10080592.jpgグランドキャニオン国立公園内のモニュメント・バレーは、アメリカ合衆国西南部のユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称である。

メサといわれるテーブル形の台地やさらに侵食が進んだビュートといわれる岩山が点在し、あたかもモニュメントが並んでいるような景観を示していることからグランドキャニオン・モニュメントバレーの名がついた。

その一部はナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されており、ナバホ族の聖地とも呼ばれ有名な観光地となっている。

このグランドキャニオンのモニュメントバレーに宿泊する際におすすめの宿泊先をご紹介!
おすすめホテルは
ゴールディングス ロッジ 評価★★★
モニュメントバレーの朝日と夕日を鑑賞するにはここしかありません。比較的料金が高いことはこの際、目をつむりましょう。
金額以上の感動があることと思います。
今回は2棟あるうちの平屋の上棟に泊まりましたが、部屋からは弱い電波ながらもワイヤレスインターネットに接続できました。

ホリデイ・イン-カイェンタ 評価★★★
モニュメントバレーより40kmの砂漠の一角に、「カエンタ」と言う
小さい集落があります。
集落にはホテル、スーパー、マクドナルドなど数軒の店しかありませんので期待はしないほうがいいと思います。
部屋は、ルームサービスとクリーニングはありませんが、広く清潔でレストラン、プールありますので中々良いです。

Best Western Wetherill Inn Motel 評価★★
モニュメントバレー近くに宿泊希望の場合は、モニュメントバレーに一番近いゴールディングスロッジはなかなか予約が取れませんので、次に近いBest Westan Wethrill Innがおすすめだと思います。
料金は1室税込みで約100$弱とチョッと高めかもしれません。
設備・清掃等は問題無しですがもう少し良くても良かったと思います。


グランドキャニオン 写真スポット

img559.jpgグランドキャニオンでは、どこでシャッターを切っても絵になることは間違いありません。

しかしそんな写真のスポットだらけの中でも、やはりいい写真を取れるスポットや時間帯はあります。

写真スポットに関しては人それぞれ感性がありますので特に指定はしませんが、参考にはしてみてください。

グランドキャニオンはコロラド川の流れが作り出した大峡谷です。
その一部が国立公園に指定されていますが、非常に広く、大きく分けてサウスリムとノースリムに分かれています。
このうちサウスリムは施設がよく整っているうえ、キャニオンを眺めることのできるビューポイントが数多くありますので写真撮影にはもってこいのポイントです。

またリム沿いに遊歩道が整備されているため、あらゆる角度からキャニオンの壮大な景色を激写&見ることができます。

そして時間帯も季節によって多少時間が異なりますが、やはり朝日と夕日ははずせないでしょう。

それぞれ同じように思えますが、まったく違った表情になります。

空の色、太陽の動き、雲の流れ、色々な条件が重なりその瞬間の、その瞬間しか見られないグランドキャニオンの絵が写真で収められます。

是非ゆっくり時間の流れを感じながらグランドキャイオン写真撮影を堪能してください。

グランドキャニオン スカイウォーク体験談

2007年3月28日に、グランドキャニオンに新たな観光名所「スカイウォーク」がオープンしました。

スカイウォークはガケから突き出たU字型歩道橋で、一番遠い部分はガケから約21mで、谷底からの高さは約1200mもあります。
U字形の鉄骨の上を歩くのですが、スカイウォークという名だけあってそこは強化ガラスが張られおり、谷底をのぞくことができます。
非常にスリル満点です!!

横はもちろん、足元もガラス張り。
足がすくんで動けなくなる人も出そう。

グランドキャイオンのスカイウォークはエンパイアステートビルやペトロナスツインタワー、台北101よりも高いのです。

そんなグランドキャニオンの新名所「スカイウォークを体験しました」

スカイウォークはグランドキャニオン・ウエストリム・ワアバパイインデアン居住区内に有ります。

オプショナルツアーとかでいくと良いでしょう。

スカイウォークを歩いた感想は・・・「ちょーこわい!!」

でも

「チョー楽しい!!!」

です!

ほんとに空を飛んでいるというか、歩いているような感じです。

歩いて少しすれば慣れますので最後はとっても気持ちよく歩けました。

非常にいい経験をしたなーと思いました。

人も100名強いたのですがびくともせずですごいです!

でも風が吹くとやっぱりすこし怖いかな(笑)

人生に一度はいっていただきたい場所。

それがグランドキャニオンですね。

グランドキャニオン 宿泊先評価

グランドキャニオンに宿泊する際にホテルやロッジをご利用になると思いますが、いきなり選ぶ前にしっかりどんなホテルでどんなサービスがあるのかなのか把握しておきましょう!

ブライスキャニオンのコテージ
BEST WESTERN RUBY`S INN 評価★★
食事がバイキングです。
グランドキャニオン国立公園内にあるロッジにしてはメニューが豊富でとても良い印象を受けました!

実際に宿泊しましたがシャワーの出が少し悪いですが、後は満足できました。
二階建てのロッジで階段。
敷地内には湖があり景色も良いです。

ヤバパイロッジ 評価★★
エアコン完備の部屋は予約が埋まりやすく早めに宿泊予約をしないとファンのみの部屋になってしまうかもしれません。
でも問題なかったです。
昼間はさすがに少し暑いですが、窓を開けてればいいし、そんなに部屋にはいなかったし。
夜はとても涼しくなります。
ホテル敷地内にはギフトショップとレストラン(カフェ)があります。
とりあえず、チェックインだけして自分の部屋のある棟まで車で移動しました。
係の人は親切です。
部屋の設備は、テーブル、TVと小さなクローゼット。
アメニティは石鹸、シャンプー、ドライヤーを完備。
冷蔵庫はないです。
バスルームはそんなに広くはないですが清潔です。
夜はとても静かで、満天の星空を見ることができ、各ポイントへも車での移動、バスでの移動ともに楽にできました。

MASWICK Lodge 評価★★★
広い敷地に 数十棟の2階建ての、棟割長屋が点在し、部屋も広く、清潔がありあす。
管理棟には、レストランと土産物店もあります。
食事は、好いた料理を自分でトレーに載せ、エンドで支払うシステム、現物を見て選定出来るので嬉しい。

評判は良いことしか聞きませんので安心できると思います。

グランドキャニオンの気候って…

グランドキャニオンは砂漠気候なので年間を通して雨の降る確立は非常に少ないです。
グランドキャニオンは年に数回しか雨は降らないので安心して旅行にいけると思います。

グランドキャニオンは、海抜2100メートルの高地にあります。
日本で言えば富士山 5合目の高さです。
砂漠気候ということもあり、昼と夜の気温差は激しいです。

グランドキャニオンのそんな気候も楽しんでください。

毎月の平均気温は以下を参照してください。

1月最高5 c  最低-8c
2月最高7 c  最低-6 c
3月最高11 c 最低0 c
4月最高16 c 最低-4 c
5月最高21 c 最低4 c
6月最高27 c 最低8 c
7月最高29 c  最低12 c
8月最高28c  最低12 c
9月最高24 c  最低8 c
10月最高18 c  最低2 c
11月最高11 c  最低-3 c
12月最高16 c  最低-7 c

それと、グランドキャニオンの夜間外出についてですが…
夜といっても人はとても少ないので(グランドキャニオンに来ている観光客くらい)治安は極めて良いのですが、野生の動物が出て来る場合が有ります。

野生動物に遭遇致しましたら脅かさないように注意しながら、立ち去るようにして下さい。

リスには指先を噛まれる恐れがあるので、絶対に手を出さないで下さい。
”狂犬病”を持っている可能性が有ります。

グランドキャニオン激安ツアー!!

グランドキャニオン激安でツアーで行くのでしたらHISツアーがオススメ!
HISはスタッフさんが独自に企画してすぐに店頭に出すスタイルだそうですので、HISならではの安さが保てているそうです。
(テレビでみました)

なのでグランドキャニオンもとっても激安でいけると思います!

あとHISツアーともう一つ、ヤフーのトップページから「旅行」のコンテンツからツアーや旅行条件を指定し、検索します。
そうしますと、いろいろな会社の企画が一覧で見ることもできます!

グランドキャニオンツアーも激安でたくさん出ていますの、旅行に行く前は、必ずチェックして頂きたいです☆

そしてラスベガス発にすることがポイントです。
ラスベガスに行くこと自体もお勧めですが、グランドキャニオンにはもってこいの出発地です!

グランドキャニオンまでは車かセスナで行くのがいいでしょう♪
しかし私はグランドキャニオンへ行くなら断然このセスナのような小型機で行くツアーが迫力あって良いとおもいます。
天気にもよると思いますがかなり揺れて遊園地のアトラクションよりもこわいかもしれないです。でも景色が素晴らしいですよ。
雄大な自然にビックリするはずです。

ロサンゼルスから行く場合もセスナでのツアーを予約しましたが、対応が良かったので気持ちよくいけました。
「ようこそラスベガス」って無料の小冊子がロサンゼルスにあって、それに載っていますし、直接ツアー会社からなので、より安く提供してたりするからロサンゼルスからグランドキャニオンへ行くならチェックしてみたら激安だと思いますよ。

グランドキャニオン観光スポットは・・・!?

グランドキャニオン (Grand Canyon)アメリカ合衆国アリゾナ州北部にある地球の歴史を物語る世界最大級の峡谷です。

そんなアメリカのクランドキャニオン誰も知らない!?おすすめグランドキャニオン絶景穴場スポットをご紹介!

グランドキャニオンに旅行に行くなら知ってもらいたい!

コロラド高原がコロラド川の侵食作用によって削り出された地形であり、先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを目の当たりにできるところでもある。
地球の歴史を秘めている価値と共に、その雄大な景観から合衆国の初期の国立公園の一つであるグランドキャニオン国立公園に含まれている。

アメリカのクランドキャニオンは1979年には世界遺産に登録され、それ以来、毎年多くの観光客が訪れています。

グランドキャニオンにはサウスリムとノースリムがあり、大部分の観光客の中心となるのはサウスリムに訪れます。

サウスリム周辺は標高2,000メートル級の高地で、年間を通じて開園されていますが、ノースリムは標高が2,500メートルほどで、積雪のため冬期は閉鎖されているのです。

たしかにサウスリムには、ヤバパイポイント、マーサポイント、ホピポイント、ライパンポイントなどなど旅行にはもってこいの絶景スポットはあります。

私も旅行にいきまいた。

しかし!!グランドキャニオンノースリムは人も少なくサウスリムよりも何倍も感動をおぼえる穴場スポットに出会いました。
ノースリムのポイントでは、サウスリムに比べて開発がされておらず、自然がそのまま残っていて粗々しさを感じる。
園内の宿泊施設もグランドキャニオンロッジしかないため、サウスリムに比べて人が少なくのんびりできる。

特にロッジを出たところの両脇にベンチシートが並んだベランダがあり、そこでゆっくりとグランドキャニオンを堪能するできます。

時間は、至福の時間でありました。
まさにグランドキャニオン穴場スポット!!
こんな贅沢をしていいのだろうか、とさえ思えます。

グランドキャニオン ホテルが人気の理由

グランドキャニオンはアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある地球の歴史を物語る世界最大級の峡谷です。

グランドキャニオンに行くなら是非ともホテルに宿泊コースで行くことをおすすします。

理由は簡単、グランドキャニオンの本当に美しい表情が見れる朝日と夕刻時に立ち会えないからだ・・・

地球の歴史を秘めている価値と共に、その雄大な景観から合衆国の初期の国立公園の一つであるグランドキャニオンはアリゾナ州にあり、日帰りでラスベガスからはではまだ明るいpm5時頃には帰らないといけないのです。

LAからではツアーにもよりますが、長くてもグランドキャニオン滞在はお昼頃の3〜4時間でしょう。

それではどちらも朝日(ライジングサン)どころか夕日まで見れないのです。

グランドキャニオンでは是非ホテルに泊まることをお勧めします。
グランドキャニオンは朝、昼、夕、夜とそれぞれの表情を持っています。

まったく別の景色を見ているようです。

そんなグランドキャニオンを見ないで帰るのは惜しすぎます!!

ホテルやロッジがありますので是非ともホテル宿泊を!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。